2014年1月28日火曜日

NetCommonsデザインカスタマイズ2

前回3種類のNetCommonsデザインカスタマイズ方法を書きましたが、その中の2つ目にご紹介した、新たにページテーマを作る方法について詳しく書いてみたいと思います。
こちらは、ホームページ制作に必要なHTMLの知識をある程度お持ちの方におすすめします。

前回の1つ目にご紹介した、NetCommonsが事前に用意しているページテーマが数種類あるのですが、そのデータはどこに入っているのかというと、FTPなどでサーバー内に入って、フォルダwebapp/style/themesの中を見ていただくと下図のように、それぞれのテーマがフォルダに分かれて入れてあるのがわかります。



その中の、一番カスタマイズ後の形に近いテーマのフォルダを複製します。
中には、「config」「language」「image」「css」「templates」という5つのフォルダが入っています。

config、languageはエディターなどで開いて、新たに作ったテンプレート名を追記し、サーバーにアップし直すと、NetCommons側が新しいページテーマとして認識してくれ、それを選ぶことができるようになってくるものです。

image、css、templatesの中身が自分で作成したデザインを設定していくファイルが入っている場所です。
特にtemplates内のblock.htmlを変更していくのですが、普通にHTMLで記述していいところとそうでないところ、また絶対に消してはいけないソースコードなどがあるので、そこだけは注意してカスタマイズしていく必要があります。

全部の作業が終わり、それらのカスタマイズしたデータをサーバーへアップした後に、NetCommonsサイト上部の管理→モジュール管理→一括アップデートをクリックすると、作業完了です。自分が作ったページテーマが選べて、それにきちんと変わってくれれば成功!!
はじめはちょっと戸惑いますが、NetCommonsサイトが自分がデザインしたものにパッと変わってくれる瞬間は嬉しいですよ!
ヒロジーコムは、問い合わせが増えるホームページを作成します。お気軽にお問い合わせください。