2014年1月14日火曜日

NetCommonsデザインカスタマイズ1

NetCommonsで作ったサイトのデザインを変える方法は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、ホームページ制作に必要なHTMLの知識がなくても簡単にできるデザインカスタマイズ。
あらかじめNetCommonsが用意してくれているデザインを使う方法です。
設定はとても簡単で、NetCommonsにモジュールを追加したあと、「ブロックスタイル」というタブをクリックして出てくるテーマの中から、好きなデザインをクリックするだけ。
これだけで見た目はぐっと変わります。
モジュールごとに変えることができるので、組み合わせ次第では良いデザインのサイトが出来上がります。

例)お知らせモジュールをタイトルアクセントの赤に設定したところ

結構たくさん用意してあります。これらを設定していくだけでも、あっという間に時間がたってしまいそうです。

2つ目以降は、少しホームページ制作の専門知識をお持ちの方用デザインカスタマイズ。
NetCommonsをインストールしたあとできる、フォルダの中のデータを直接変更していく方法です。

その2つ目は、新たにページテーマを作る方法。
NetCommonsをインストールすると、サーバーに、下図の1番左に並ぶフォルダができあがるのですが、この中で変更してもいいものは「webapp」の中だけ。
その「webapp」の中の「style」の中にある、「themes」の中に、自分流にデザインしたデータを作成し、新しいテーマの一つとしてNetCommonsに認識させれば、それを選択することができるようになり、サイト全体のデザインをごっそり自分仕様に変えていくことができるという方法。

HTMLでコーディングしたままのデータを取り込めるわけではなく、変更していいところ、絶対変更してはいけないところなどがあるので注意して作っていかなくてはいけませんが、一見NetCommonsのサイトとは気づかれないほどガラッと雰囲気を変えていくことができます。

3つ目は同じく「webapp」の中にある「modules」の中に新たにデータを作って、モジュールごとに自分流デザインを追加していく方法。
例えば、メニューのデザインを自分流に作成、設定したい場合、「modules」の中の「menu」の中に「templates」というフォルダがあるので、その中に新たにデザインしたメニューのデータを入れ、管理画面のモジュール管理から、メニューのアップデートをクリック、新たなテーマを認識させ選択していくという形です。

より詳細な設定方法や新たなデータを作る方法などは、またいつか書きたいと思っていますが、NetCommonsサイトの見た目を変える、デザインカスタマイズの方法はざっくりとこの3本柱なのかなと思います。

ヒロジーコムは、問い合わせが増えるホームページを作成します。お気軽にお問い合わせください。